引越しの際の不用品はどう処分する?

引越しの時には、思わぬほどの不用品が出てくるものですね。
最後の土壇場になって慌てることのないよう、早めに対策を取っておきたいものですが、引越し準備に追われて忙しくしていると、そこまで手が回らないという場合もあります。
そんな時には、引越し業者の不用品処分サービスを使うのも一つの手です。
料金はかかりますが、わざわざ粗大ごみの回収日に合わせる必要もなく、引っ越し作業と一緒にしてくれるのでとても便利です。
業者によって引き取れるもの、引き取れないもの、回収料金設定が異なりますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

一人では動かせない大型粗大ごみの処分は?

引越しのタイミングで家具の買い換えをする場合には、不要になった家具の処分等が必要になってきます。
指定日に指定された場所に出せば、地方自治体でもちろん引き取ってもらえますが、家具のような大型の粗大ごみともなると、指定場所まで持っていくのも一仕事です。
引越しの当日なら、引越し荷物の積み込みと合わせて指定場所まで運んでくれる場合もありますので、見積りの際に併せて聞いてみると良いでしょう。

家電リサイクル券購入が必要な場合には

2001年から施行された家電リサイクル法により、大型家電の不用品処分には指定の料金がかかるようになっています。
不要家電リサイクルの手続きは、何かと慌しい引越し準備中には結構面倒なものです。
家電リサイクル券の取り扱いがある引越し業者を利用すると、リサイクル券を購入すればその場で不要家電を回収してくれるので手間いらずです。
不要家電が出るケースでは、引越し業者にその取り扱いを事前に確認し、活用してみましょう。

引越し見積りは不用品にかかる費用も考えて

引越しに際して出てくる不用品が結構な量になると、処分に時間や手間、さらにはお金も思った以上にかかってしまうものです。
引越し業者を選定する場合には、その点も考慮に入れて総合的に選ぶのが賢い業者選びといえそうです。
たとえばインターネットなどで引越しの見積りを取る場合には、引越し荷物の移動に関する料金だけでなく、不用品の回収や処分にかかる費用も具体的に確認しておくことが大切です。
格安に引越したい方はなるべく自分で処分し、不用品を処分する時間のない方はある程度の出費を計算しておきましょう。

不用品の処分まで考えるのが賢い引越し

引越しの際に出てくる不用品は、引越し業者によって無料で引き取ってもらえる物、有料で引き取ってもらえるもの、全く引き取ってもらえないものなどがあります。
引越しの土壇場になって、えっ、こんなにお金がかかる?とか、引き取ってもらえず、どう処分して良いかわからない!と慌てることになっては困りますね。
全てを把握するのは無理としても、あらかじめどんな不用品が出るかを考えて引越し業者に打診しておきましょう

このページの先頭へ